TOP PAGE > コストアプローチ   |   はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

時価純資産額法の計算方法

時価純資産額法とは、企業の清算価値を算定することを前提にしています。

企業活動を中止し、会社を清算した場合には清算所得(未課税部分)に 法人税等が課税され、また、評価損益のある資産を譲渡すれば当該譲渡損益に対し、 法人税等が課税されます。

そのため時価純資産額法では時価評価損益について法人税等相当額を調整するのが一般的です。

計算式は、下記のようになります。

株式価値 = B/S純資産額 ± 評価損益 × (1 + 実効税率)








株式会社yenbridge(エンブリッジ)では、上場・非上場株式の評価を実施しております。
業務のご依頼・お問合わせ事項が御座いましたら、下記よりお問合わせ下さい。

お問合わせ